ようこそ

必要な資格

作業療法士となるためには、当該資格に関する教育機関等を卒業している事が必須条件となっています。 養成施設等に関しても同様であり、3年以上在籍して且つ必要な知識並びに技能を修得し、当該機関を卒業した人が受験資格を得る事ができます。 試験ですが、筆記及び実技等をします。 筆記試験ですが、解剖学、生理学、運動学、臨床心理学、病理学に関する概論、リハビリ医学、臨床医学並びに作業療法が受験科目となります。

養成機関では、これらの知識を習得して行く事になります。 実技ですが、運動学、臨床心理学、リハビリ医学、臨床医学並びに作業療法を行います。 尚、臨床医学ですが、人間発達学に関する知識も含まれています。 因みに、口述試験及び実技試験が在りますが、これは展示試験受験者を対象としており、受験地は東京都のみとなります。

一般の受験地ですが、北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、福岡県、それに香川県や沖縄県で実施されます。 中国地方の最大都市の広島市が在る広島県は対象外となりますが、中国地方在住の人であれば福岡県あるいは香川県で受験をすると良さそうです。 養成所等の学費ですが、4年間で80万円程度掛かるようです。 因みに、養成所等では、実習が必須科目となっています。


必要な資格

詳しくみる…

就職・活躍の場

詳しくみる…