ようこそ

作業療法士の仕事内容

作業療法士とは、1965年に医療福祉に関する国家資格として厚生省(現在は、厚生労働省が認定団体となっています)が認定をしたものです。 医療従事者の一種とされており、リハビリテーション職とされています。 業務内容ですが、日常生活動作(通称・ADL)の訓練を行う事です。 身体機能が低下している人等に対して、家事や外出に関する訓練を指導したり、食事や排泄、それに入浴等の日常生活活動について訓練を行ったりします。

他には、入院患者に対して、退院後の住環境への適応訓練を行ったりします。 特に、高齢者が訓練対象である場合では、当該対象者が2階建ての家屋に居住しているときであれば、入念な訓練が行われるでしょう。 高齢者の場合、2階建ての家屋等に居住している場合で、居室が2階であれば身体機能を向上させなければなりません。 高齢者は身体機能が低下しているものと考えられる事は決して珍しくなく、 事故に遭った例として階段の上り下りで躓いて転倒をしてしまって死亡した例は割と多いです。

また、若年者等に関しても作業療法士の訓練を受ける対象となっています。 例えば、作業耐久性の向上や手順の習得や就労環境への適応に関する訓練も行っており、義手をしている人については当て嵌まる場合が少なくありません。 作業療法の目的ですが、基本的な動作(心身機能)に関する能力の維持、応用的な動作能力(食事をしたりする事)の維持、 そして社会的な適応能力の維持(要するに、就労をする事です)となっています。



▽外部リンク
作業療法士になるためには学校に通うのが近道です。作業療法士の資格取得のために通うには評判のいい専門の学校です ⇒ 作業療法士 専門

必要な資格

詳しくみる…

就職・活躍の場

詳しくみる…